アロマの特 性
アロマオイルの東洋医学的対照表
特 性
肝(木)
胆、靭帯、腱、目、爪
心(火)
血管、舌
脾(土)
胃、筋肉、口、唇
肺(金)
大腸、皮膚、鼻、体毛
腎(水)
膀胱、骨、耳、毛
【肝気うつ帯】
【心気の乱れ】
【補気】
【気巡】
【腎気を高める】
ラベンダ-
鎮静、欲求不満、イライラを鎮める
(ベルガモット)
自律神経失調、抗うつ、消化不良、ガス
(カモミ-ル)
痙攣と痛み、PMS
(ネロリ)
腹部痙攣
(オレンジ)
気滞をとる、神経症、うつ、ガス、吐き気
(ヘリクリサム)
欲求不満、しこり、かたまりのうつ
(グレ-プフル-ツ)
イライラによる過食症
(ローズ)
月経痛、月経過、PMS
(ラベンダ-)
ストレスによる不眠、こり、腸のトラブル
(マジョラム)
動悸、高血圧、無気力、神経疲労(ジャスミン)
不安、おちこみに高揚させる
【心熱】
(ネロリ)
イライラ、おちこみ、不安、 不眠、動悸
(イランイラン) 熱による動悸、高血圧頻脈、インポ、脱毛、てんかん
【心気を高める】
(ティ-トリ-)
強壮、脳への血流増加、無気力、うつ
(ロ-ズマリ-)気つけ作用
(マジョラム)
気を通じ痛みをとる
筋肉痛、関節痛、腸の痙攣
(ペパ-ミント)
胃気を巡らせ吐き気、
胃もたれ、ガスをとる
(フェンネル)
消化不良、ぼうまん感、 ガス
【脾気虚】
(パチュリ)
疲れやすさ、だるさ(ネロリ)
下痢
(ペパ-ミント)
熱症の痰をとる、頭痛、 のどのはれ、神経と脳を活性化
【肺気を高める】
(ティ-トリ-)
カゼ、インフルエンザ、 強壮、抗菌
【気滞】
(フランキンセンス)
抗うつ、気管支炎、
鼻炎、咽頭炎、皮膚炎、リウマチ
【気虚】
(クラリセ-ジ)
リラックス、疲れを取る、PMSの痛み、過敏性大腸、浅い呼吸
(フェンネル) リンパのうつたいをとる 利尿、脂肪をとる、セルライト
【女性ホルモン活性化】
(シダ-ウッド) 強力な補気で倦怠感をとる、集中力低下 腰痛をとる
(ジャスミン)
インポ、不感症、こしけ
【肝熱】
【心血流を高める】
【皮膚炎・腸炎・ニキビ】
【皮膚炎湿疹】
【腎陽をあたためる】
(レモン)
吐き気、頭痛とり
(ラベンダ-)
イライラ、不眠、PMS
(ペパ-ミント)
肝炎
(グレ-プフル-ツ)
イライラ、口苦、リンパのうつ滞
【お血】
(レモン)
高血圧、静脈瘤、痔
(ヘリクリサム)
強力なお血とり、
血腫、あざ、静脈炎、痔
【活血】
(サイプレス)
静脈を修復、熱をさます
【止血】
(ローズ)
お血に伴う、月経過多
(ジンジャ-)
手足の冷え、心疲労、狭心症
(ロ-ズマリ-)拍動を強め動脈血の流れをます
【心陽を補う】
(タイム)
強力な陽気で肺、心、腎を補う。 血行促進、ふしぶしの痛み、腸炎
(ロ-ズマリ-)
低血圧、手足の冷え、脳への血流量を増大、気血を動かし痛みを通ずる
(パルマロ-ザ、カモミ-ル)
【脾陽虚】
(ベンゾイン)
気力のなさ、食欲不振、ガス、 尿道炎、のどのはれ、咳、あかぎれ、しもやけ
(ラベンダ-・ゼラニウム)
ニキビ、乾癬、水虫
【肺血流を高める】
(ジンジャ-)去痰
(タイム)
インフルエンザ、咳
【肺熱】
(サンダルウッド)
激しい咳、炎症、灼熱感を伴う下痢、乾燥肌、のぼせ
(ジンジャ-)
腰痛、インポテンス、スタミナ不足
(ジュニパ-)
強力な陽気で腎陽をあたため活性化。手足の冷え、むくみ、腰痛、慢性疲労
【腎の炎症をとる】
(サンダルウッド)

生殖器の炎症、こしけ

【湿熱】
  【筋肉痛・神経痛】 【抗ウイルス・インフルエンザ】 【水毒】
(レモン)
むくみ、リンパの石を溶かし、流れをよくする、解毒、セルライト、動脈硬化
(グレ-プフル-ツ)
おだやかな利尿作用、むくみと脂肪の分解、動脈硬化、リウマチ
(パルマロ-ザ)
不眠、イライラ、落着きのなさ、熱症の緊張
(ロ-ズ)
熱と炎症をとり、全身の陰気を補う。イライラ、眠れない、幸福感の喪失
(ユーカリ)(パルマロ-ザ) 保湿、乾燥肌、神経痛
リウマチ
【脾気の補陰】
(ゼラニウム)
全身の陰気を補い、気血をめぐらす、無気力、下痢、リンパのうつたい、補益、痛み
(レモン)
抗菌、結核菌にも有効
【湿痰】
(ユーカリ)
咳をしずめ痰をとる、のど痛、免疫系の強壮
(シダ-ウッド)
ニキビ、フケ、ハゲ
(シダ-ウッド)
リンパの流れ改善、むくみ、 脂肪分解、寒湿による膀胱炎
(ジュニパ-)
腰部肥満、動脈硬化。冷えによる痛み、あたためて水毒をとる
(サイプレス)
気血水を働かし水毒をとる。PMS、大腸炎、ぜんそく

Welcome to 気血水