現代人のための食養生

現代人のための食養生
@ 日本人の歯の構造と消化酵素の種類から、穀物:野菜・海藻・茸・豆類:動物性食品・嗜好品の比率を5:2:1でとる。


A 未精製のご飯を主食できちんと食べる。玄米、胚芽米、分づき米、雑穀、麦ごはんなど


B 白砂糖の入った食品を極力食べない。ジュースなどの液体や甘いお菓子類で、お腹を満腹にしない(ぶどう糖、果糖、液糖)


C 副食は、季節の野菜、海藻、イモ類を中心にする。根野菜、葉野菜、海藻、きのこ、イモ類を上手にとる


D 発酵食品をきちんと食べる。味噌汁、漬物、納豆などを常食


E 動物性食品は少なめに。動物性食品は、まるごと食べられる魚を中心に。乳製品、卵、肉類、食肉加工品を極力少なめに


F 揚げ物メニューを少なめに。油脂類は、炒め物や、ドレッシング類で少量とる


G 可能な限り安全な食品を選ぶ。あまり神経質にならない程度に


H 食事の全体量を腹6〜8分に。前回の食事で食べ過ぎたら、次の食事は軽くなど、一日のうちで調整


I 食事はゆっくりとよくかんで。とにかく唾液をしっかりとだすこと、食べすぎの防止、血流促進