Welcome to
がんと診断されて落ち込んでいる方に

 昨日まで何の症状もなく、元気で普通どおりに暮らしていたのに、たまたま検診でがんがみつかり、目の前が真っ暗になってしまった。
どうしてよいのかわからず、頭が真っ白になり、夜は眠れず、会社を2週間も休んでしまった。と、いうような方が、私の保健室によくいらっしゃいます。中には、淡々として、自分のお葬式の写真をまず用意した!というような方もみえます。

これほどまでに、“がん”という言葉が人を落ち込ませるのは、今まで、がんイコール死という観念が常識として通っていたからにほかなりません。けれども最近では、このような常識は、どんどん崩れつつあります。

末期がんから生還した人や、がんを乗り越えて数十年、現在でも元気で活躍している人が増え、これほどの数になると、これはもう奇跡の人でも何でもありません。

つまり、がんを生活習慣病のさいたるものとして捉えたとき、他の糖尿病や高血圧、高脂血症などと同じように、今までのまちがった食習慣、生活習慣を改善することで、少しずつですが、がんから脱却する、またはがんと共存しながら元気で暮らすことができるのです。

がんは、確かに手ごわく侮ることはできません。しかし、絶望したり悲観したりすることは、決してないと私は思います。
発がんを許してしまうには、いくつかのプロセスがあり、また、そうなってしまった原因というのが必ずあります。

たとえば、心に大きな悩みを抱えていたこと、毎日の食事内容、血液の流れを悪化させるような生活習慣などです。
これらの原因は、各個人個人によって違ってくるため、その対処法も一律ではなく、オーダーメイドの養生となります。
したがって、ただ単に、ある特定のサプリメントをとりさえば良くなる・・・というような

単純なものではありません。

 この保健室では、まずあなたが発がんした原因をあなたと一緒にさぐり、今の状態に適した養生法とアドバイスをさせていただいています。

どうか落ち込んだりなさらずに、希望を持って一緒にやってゆきましょう。