サプリメント2、骨髄免疫活性化食品

2、骨髄免疫活性化食品・・・がん自衛隊強化及びミサイル工場
プラセンタ
骨髄幹細胞を刺激し、白血球、赤血球、血小板をつくる。
プラセンタにはタンパク同化作用があり、食物から摂った栄養素を血肉に変えてゆく働きがある。
アミノ酸を補い、体力を強化。がんによる免疫低下はもちろんのこと、抗がん剤、放射線療法に伴う白血球の低下時に必須。
アラビノキシラン
白血球の総数を増やす作用


エキナセア
骨髄とリンパ組織の幹細胞を刺激してT細胞などの免疫を高める白血球を増加させる。また、ウイルスのDNAを破壊する酵素をもつ。

紅参
紅参サポニンが、赤血球、白血球、血小板などの造血機能をたかめる。


EEM
エノキタケEA−6が抗体産生細胞であるB細胞を増加させる。


サプリメント
写真(がん)