Welcome to サプリメント4、栄養素とミネラル

サプリメント
写真(がん)
4、栄養素とミネラル食品・・・抗酸化がん見張りシステムの原材料
抗酸化システムの原材料になるものなので、食養の基本となるもの。とくに、治療により体に炎症を起こしているときや、腹水、胸水などがあるときは、積極的にミネラルを補う
海洋ミネラルアッケシソウ
体液のミネラルバランスと類似した、海洋ミネラルをそのまま摂取することにより、主要ミネラルとがん抑制の核となるセレン亜鉛、マンガンなどの微量ミネラルを過不足なく補給できる。がんを強く抑制するシステムのすべての原料となる。
プラセンタ
蛋白同化作用をたかめ、がんに打ち勝つための基本となるアミノ酸とホルモン活性物質を含むほか、免疫を増強する血液を造ってゆく。感染症、体力低下、出血、貧血では必須。
スクワレン
SOD活性を高めるための原料となるミネラルをスクワレン中に含む
田七人参
サポニン、有機ゲルマニウム、アセチレン化合物ががんに有用な成分。
サポニンは、免疫力増強により、抗がん作用を示す。有機ゲルマニウムはインターフェロン誘発作用があり、アセチレン化合物は腫瘍に対して強力な抑制作用がある。さらに、止血、血液循環作用、鎮痛作用などをもちあわせている。化学、放射線療法の副作用としての出血にも有用。
タヒボ
紫イペエキスで、ラパコール、ナフトキノンに抗ガン成分が含まれており、特に、肝臓がん、末期乳がんで腫瘍マーカーが低下している。
ビタミン、ミネラルにとみ、免疫システムの原料となる。
プロポリス
天然の抗生物質といわれ、おもにフラボノイドに、抗がん作用、白血球の増強、免疫系全般を活性化する、生体応答修飾物質がふくまれている。
がんに有用なものは、ブラジルのミナス産のユーカリ群生からとれたプロポリスという。
クマ笹
水溶性クロロフィルが抗がん作用をしめすほか、体内のダイオキシンを吸着して排泄する働きがある
キチンキトサン
食物繊維が毒素を吸着排泄するほか、キチンに含まれるNアセチルキトオリゴ糖ががん細胞と血液中の接着分子との結びつきを阻止する働きがあり、がんの転移、増殖を抑制する
ペイチー茶
セレンなどの微量ミネラルを含むほか、SOD様物質も多く含む。
気を高める作用あり。
ビール酵母
アミノ酸がすべて補給できることと、がん予防効果の高いセレンが抗酸化ミネラルとして含まれている。食物繊維である多糖体グルカン、マンナンもふくまれており、大腸がん予防効果が高い。核酸も多いため、痛風の人にはおすすめできない。
スッポン
高品質な蛋白質アミノ酸、EPA,DHAを含み、アミノ酸であるアンセリンが活性酸素を抑制。
冬虫夏草
昆虫に寄生したキノコの一種で、免疫力を高めるベータグルカンのほか、抗酸化ミネラルアミノ酸ビタミンが多く含まれている。
エルゴステロールパーオキサイドはがん細胞を猛烈に攻撃。SOD様作用や転移抑制物質をふくむ。