Welcome to 6、補気食品
6、補気食品・・・気と体力を充実させ、自分自身の守りをかためるバリア機能 NO6
がん性悪疫質、がん治療などで、食欲が落ちている場合に用いる
紅参サポニンがストレスによるホルモンバランスの乱れ、ミネラルバランスの乱れをたてなおす。(ストレスによる銅の上昇と亜鉛の低下はがんの進行を早めるがそれらを調整)

ストレスを間脳で調整・・・あがりすぎた不安ホルモン、攻撃ホルモンNAをおさえ、快楽ホルモンベータエンドルフィンを優位にたもつ。(前向き、笑顔のホルモン)
ベータエンドルフィンが放出されることにより、Bリンパ球、Tリンパ球、NK細胞が活性化される。また、インターフェロンが増加し、免疫機能が高まる。(天然の鎮痛効果)

紅参サポニンには、腫瘍血管新生抑制作用、精神ストレス軽減作用、免疫調整作用、赤血球、白血球、血小板などの造血」作用、がん患者のトキソホルモンに拮抗的に作用し、体重減少をとどめ延命する作用がみとめられている。

がんにより落ちた体力と気力をたてなおす。(食欲、生きる意欲がでてくる)
エゾウコギ
リグナン配糖体であるエレウテロサイドEがベータエンドルフィンの放出を高め、インターフェロンを促す。
そのほかに、同様にして、ベータエンドルフィンを放出させて、免疫を増強するもの
ペイチー茶、レイシ、サルノコシカケ、メシマコブ、田七人参

及び、食品ではありませんが、クラリセージ、ジャスミン、ローズオットー、イランイラン、パチュリー、グレープフルーツなどのアロマオイル