Welcome to 40〜50代
40〜50代の自律神経失調症対策
主な症状
肩こり、のぼせ、顔が、カーッと熱くなる、顔からダラダラ汗が出る、手足が冷たい、頭が重い、生理がきたり、こなかったりする。夜中にトイレで目覚める、尿漏れ、尿のキレが悪いなど
 この年代になると、女性はプレ更年期症状が出始め、徐々にきちんと来ていた生理も不定期になってきます。毎月のホルモン増減により多少の影響を受けていますが、この時期に入るとさらにホルモンの変動が大きくなるため、様々な自律神経の失調症状を伴いやすくなります。また、男性の場合にも、男性ホルモンの低下がみられ、体に不調を起こしやすい時期といえます。
この時期を乗り越えるために、次のチェックを行ってみてください。
生理の調子は、いかがですか?
生理が終了するころに入ると女性ホルモンの低下に伴い、さまざまな不快症状が出てきます。これらの症状は女性ホルモンの濃度を上げてやることで改善されます。ただし、当保健室では、外から女性ホルモンを投与するのではなく、自分自身の女性ホルモンを活性化する方法をおすすめしています。たとえば、プラセンタの服用などがそうです。そのほかにも、症状にあわせて、女性の味方となる漢方生薬を合わせると大変に楽になります。
無理をしすぎていませんか?
この年代ですと、男女ともに仕事の上で責任のある立場となります。その分多くのストレスをかかえることになります。最近ではリストラなどの影響で、個人に大きなしわよせがきて、夜遅くまで仕事をしてもかたつかないような状況もあるようです。また、私生活の面でも、子供の就職や受験、親の介護など、負担になる要素も増えてきます。こんな中で、頑張りすぎている方がとても多いと思います。勿論、頑張らねば回っていかないことばかりなのですが、自分の体を壊したらおしまいです。せめて、夜寝る前の1時間だけでもリラックスするなど自分のお時間をとるようにつとめてください。
自律神経失調症は・・
自律神経失調症対策