Welcome to josei-nayami
生理痛
生理痛で悩む女性は大変に多いのですが、一口に生理痛といっても、様々なタイプに別れます。
ストレスなどによる血行不良タイプ
(気滞)
気の巡りが悪く、気が停滞することにより、血液も停滞するタイプです。このタイプでは、生理前に胸が張って痛む、バストや脇の部分に不快感があったり、お腹が張って痛むこともあります。イライラしやすく、ストレスで痛みが生じやすい特徴があります。
このような人には、鎮痛剤よりも、気分をリラックスさせるほうが効果的です。
プラセンタや、気のめぐりをよくする紅羅布麻製剤の併用がおすすめです。
エネルギー不足による血行不良タイプ
(気血両虚)
食欲がない、胃がもたれやすい、手足がだるい、下痢しやすい、貧血気味などのエネルギーの不足により、血液循環が細くなるタイプです。
鎮痛剤をのむと、すぐに胃をこわしてしまうのもこのタイプの人です。
このような人は、貧血を改善する食事も大切ですし、胃腸を丈夫にすることも必要です。
これらの症状に対応するのは、プラセンタや、紅参です。

冷えによる血行不良タイプ
(腎陽虚)
寒がりで、お腹や手足が冷えやすい。生理痛と同時に腰痛がある、足腰膝関節が痛みやすい、顔色が青白いなどの特徴があります。
腎のエネルギーが少なく、熱産生能力に恵まれないため、体が冷えやすく血行不良をおこしています。このタイプの人は、ひたすら体を温めて、血流を改善してやることが大切です。体を冷やす鎮痛剤もよくありません。生理中も足浴をして温まる。カイロをお腹や腰に貼る、生姜湯を飲むなどもよいです。体を温める、紅参と海洋ミネラルしほよもぎの組み合わせが、おすすめです。
偏食による血行不良タイプ 
(湿熱)
肉食過多、油ものの食べすぎ、ケーキ類の食べすぎなど、血液を汚しやすい食事により、吹き出物がでたり、化膿しやすいタイプの生理痛です。体に熱が生じると、血液が粘りやすく、流れにくくなります。レバー状の血液が子宮口におしよせて、出口がふさがれるとひどい痛みが生じます。レバー状の血液が一気に流れ出すと月経過多による貧血も起こしやすくなります。出血と炎症がひどいときには、頓服的に鎮痛剤を用いますが、根本改善ではありません。このタイプの人は食養生をこころがけ、血液を浄化する野菜、海藻類をたっぷりとります。血流促進と止血作用のある田七人参や、紅羅布麻を合わせて服用します。
子宮筋腫、子宮内膜症などによる生理痛
(お血)
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣膿腫などがある場合、生理痛と出血が激しくなりやすいです。
これらの病気は、東洋医学的にはお血と考え、骨盤内お血の改善、清熱解毒、抗腫瘍生薬などを使ってゆきますが、激しい症状があり、大きさも5センチを越しているような場合は、手術などの西洋医学的方法をおすすめいたします。具体的な症状と状態、腫瘍マーカーの結果などにより、使用するものがかわってきますので、まずはご相談ください。