◆◆ 絶対に伝えたい!ガン克服の養生戦略 ◆◆


毎週日曜日の発行です。
内容
ガンに打ち克つには、免疫を上げるだけではダメ!
食・心・免疫の3方向から、ガン克服の戦略養生法を語ります。癌研究開局薬剤師が、ガンの勢いとあなたの体力をみて、最も有効なサプリメントの組合わせ方をアドバイス!

このメールマガジンは、ガンで闘病中の方、転移、再発が心配な方に希望と元気を取り戻して頂くために、以下のテーマをもってお届けしています。

  ★自分で出来る、食事、心、生活の養生の仕方
  ★西洋医学併用時など、状態におけるサプリメントの有効な組み合わせ方
  ★ケース別の対処法、具体的症例、いただいた質問に対するアドバイスなど
------------------------------------------------------------------------
登録

解除
まぐまぐ 
サンプル ↓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

       ◆◆ 絶対に伝えたい!ガン克服の養生戦略 ◆◆
                              創刊号
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このメールマガジンは、ガンで闘病中の方、転移、再発が心配な方に希望と元気
を取り戻して頂くために、以下のテーマをもってお届けしています。

  ★自分で出来る、食事、心、生活の養生の仕方
  ★西洋医学併用時など、状態におけるサプリメントの有効な組み合わせ方
  ★ケース別の対処法、具体的症例、いただいた質問に対するアドバイスなど
------------------------------------------------------------------------
『ごあいさつ』

はじめまして、保健室の薬剤師りえぴょんです。

林薬局の既刊メールマガジン「心と体の治癒力アップ養生法」では、生活習慣病
に即した、治癒力の高め方をお届けしてまいりましたが、ガンでお悩みの方々か
ら「ガンにテーマを絞ったメルマガを読みたい」とのお声を多数頂戴しました。

この度の「ガン克服の養生戦略」は、このご要望に応え、少しでも皆様のお役に
たちたいという思いで、創刊致しました。

保健室には、毎日ガンの方が訪れ、会話を通して日々学ばせて頂いています。
最初にいらっしゃった時よりも、だんだん状態が良くなり、希望に満ちた笑顔を
見せて頂ける事が、私の一番の喜びです。


□□□□□□□□□□□□□□□ 目次 □□□□□□□□□□□□□□□□□

◆今週のガン関連ニュース!
【ガンと診断されて落ち込んでいる方に】
【手術、抗ガン剤、放射線・・・ムリは禁物】
【サプリメントの使い方 アガリクス】
【編集後記】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


◆今週のガン関連ニュース!

○サリドマイドなど抗がん剤3つ了承 厚労省の検討会議(asahi.com)
 http://www.asahi.com/health/medical/TKY200501240360.html
------------------------------------------------------------------------

【ガンと診断されて落ち込んでいる方に】

昨日まで何の症状もなく元気で普通どおりに暮らしていたのに、たまたま検診で
「がん」がみつかり、目の前が真っ暗になってしまった。
どうしてよいのか判らず、頭の中が真っ白になり、夜は眠れず、会社を2週間も
休んでしまった。と、いうような方が、私の保健室によくいらっしゃいます。

中には、淡々として、自分のお葬式の写真をまず用意した!というような方もみ
えます。

これほどまでに「がん」という言葉が人を落ち込ませるのは、今まで、「がん」
イコール「死」という観念が常識として通っていたからにほかなりません。

けれども最近では、このような常識は、どんどん崩れつつあります。
末期がんから生還した人や、がんを乗り越えて数十年、現在でも元気で活躍して
いる人が増え、これほどの数になると、これはもう奇跡の人でも何でもありませ
ん。

つまり、がんを生活習慣病の最たるものとして捉えたとき、他の糖尿病や高血圧
、高脂血症などと同じように、今までの間違った食習慣、生活習慣を改善するこ
とで、少しずつですが、がんから脱却する、またはがんと共存しながら元気で暮
らすことができるのです。

がんは確かに手ごわく、侮ることはできません。
しかし、決して絶望したり悲観したりする必要は無いと私は思います。

発がんを許してしまうには、いくつかのプロセスがあります。
また、そうなってしまった原因というのが必ずあります。

たとえば、心に大きな悩みを抱えていたこと、毎日の食事内容、血液の流れを悪
化させるような生活習慣などです。これらの原因は、各個人個人によって違って
くるため、その対処法も一律ではなく、オーダーメイドの養生となります。

したがって、ただ単に、ある特定のサプリメントを摂りさえすれば良くなる・・
というような単純なものではありません。

この保健室では、まずあなたが発がんした原因を、あなたと一緒にさぐり、今の
状態に適した養生法とアドバイスをさせて頂いています。


どうか落ち込んだりなさらずに、希望を持って一緒にやってゆきましょう。

------------------------------------------------------------------------

【手術、抗ガン剤、放射線・・・ムリは禁物】

私の保健室には抗ガン剤などでがんの治療中で「サプリメントなどの代替療法も
効果的に合わせてやってみたい!」と言われる方が大勢いらっしゃいます。
なかには「自分の免疫力と、漢方などの自然的なものだけで何とか治したい!」
と、言われる人もおいでになりますが、大方の人が、病院での西洋医学的治療を
柱にしておいでになります。

これは勿論当たり前のことだと思いますが、手術、抗がん剤、放射線などのがん
をたたく治療は、自分自身の体力と免疫力をも落としてしまう欠点がありますの
で、くれぐれも無理を重ねないようにして頂ければ・・・と思います。

快食、快眠、快便といわれるように、がんにおかされていても、ものが食べられ
て、何とか眠れ、排便もしっかりあれば、十分に自分の免疫細胞ががんを退縮さ
せる可能性があります。

リンパ球を優位にもってくる生活習慣に改めれば、年単位で退縮がはじまること
を、自分の実父をもって経験させていただきました。

保健室へおいでになる方のなかには、「先生、私、絶対に負けないワ!手術でも
抗がん剤でも放射線でも徹底的にやって打ち勝ってみせる!」と言われる人が時
々ありますが、無理に無理を重ねないことだけは、どうか約束してください。

最後の1クールの抗がん剤が命取りになってしまった・・・。手術をして、全く
食べられくなり、体力がなくなってしまった・・・。
などのお話をきき、自分のことのように落ち込むことが度々あります。

抗がん剤、放射線などで徹底的に「ガン」をたたいてしまうと、自分の免疫細胞
も決定的ダメージを受ける為、再発したときの砦がなくなってしまいます。
また、食欲が落ちると、坂道をころげおちるように体力が低下してゆきます。

どうか、手術をうけられるときは、どんな手術か、そして、術後に予想される損
傷はどの程度のものなのかなどを、十分に納得されたうえで、検討していただき
たいと思います。

また、抗がん剤において、白血球などのデーターが良好でも、手足のしびれや、
動悸など、体調が思わしくなくなってきているときは、無理をなさらないでくだ
さいね。

転移していても、一刻の猶予を争うようなことは殆どありません。
セカンドオピニオンを尋ねる時間は十分にあると思います。
かけがえのない、大切な命です。お医者さんまかせではなく、納得のゆく治療を
受けられますように・・・・。

------------------------------------------------------------------------

【サプリメントの使い方 アガリクス】

アガリクスというと、がんのサプリメントでは、定番のように有名なものになり
ましたね。
アガリクスは、学名を「アガリクス・ブラゼイ」といい、ヒメマツタケ、カワリ
ハラタケとも呼ばれるキノコです。

アガリクスは、他のキノコと比べタンパク質の占める割合が多く、その他にビタ
ミンB2、マグネシウム、カリウム類を含んでいますが、とりわけ注目されるの
が、β(ベータ)グルカンという多糖体で、食物繊維の一種です。

キノコの多糖体は、腸内免疫を刺激し、体の免疫力を高めるのと同時に、優れた
抗腫瘍作用をもつと言われています。とりわけ、胞子から発芽した状態の菌子体
に多くの有効成分が含まれています。

アガリクスは特に体が弱った状態のときや、抗がん剤、放射線などで免疫がかな
り低下しているときに、補剤として使用するのに向いています。

慎重に使用していただきたいのは、体が回復してある程度体力がでてきたとき。
そして、腫瘍マーカーなどがどんどん上昇してゆくときです。

このような時には、免疫が刺激されて、炎症が起こっている可能性があるので、
アガリクスなどのように免疫をあげるものだけではなく、清熱解毒といって炎症
をさますような生薬(白花蛇舌草、半枝連、ガジュツ、山慈姑など)を併用する
事をお勧めします。

アトピー性皮膚炎などのように、肌に炎症がある人も清熱解毒剤と組み合わせて
使用された方が良いと思います。

また、アガリクス、メシマコブ、ヤマブシタケというように、大量にきのこ製剤
ばかりを摂ることはお勧めできません。
(ただし、複合製剤になっているものはこの限りではありません)

さらにアガリクスといってもいろいろな製剤があり、中には過酸化脂質を多く含
んでいる粗悪品もあるようですので、品質の管理されたものを選んでいただく必
要があります。

その他に、キノコアレルギーのある方は勿論控えてくださいね。

------------------------------------------------------------------------

【編集後記】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
このメルマガでは、皆様が不安に思っていらっしゃること、
ガンのサプリメントについてお知りになりたい事など、
ご意見、ご質問を反映させてゆきたいと考えております。

些細なことでも結構ですので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 sisimaru@abelia.ocn.ne.jp

ガンの個別ご相談は、こちらで承ります。

 http://riepyonhokensitu.cool.ne.jp/page/toiawase/gan-form.html

------------------------------------------------------------------------

▼りえぴょんのもう一本のメルマガをご紹介します。

【心と体の相談薬剤師、りえぴょんの治癒力アップ養生法】
------------------------------------------------------
ガン、アトピー、自律神経失調症などの慢性の病気は、今の
生活習慣を見直し、心と体のバランスを整えることで脱却で
きます。開局薬剤師が、治癒力を上げ、健康を取り戻すため
に食事・生活・心の三方向から養生法を、ご紹介致します。
------------------------------------------------------
         毎週土曜日発行
            ↓
    http://www.mag2.com/m/0000137969.htm

★こちらは人間が本来持っている自然治癒の力を高める様な
 養生をご紹介しています。生活習慣病の予防に、是非お役
 
立て下さい。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

このメールマガジンは『まぐまぐ!』『melma』を利用して発行しています。

配信中止はこちらからどうぞ↓

りえぴょん保健室のホームページ  <http://riepyonhokensitu.cool.ne.jp/>
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_