2007-12
日付・テーマ
りえぴょん日記
ガン
大腸癌で腸閉塞があるとき
12月29日
土曜日
曇り

大腸癌で腸閉塞があるとき

ご相談

直腸癌を手術した後、腸閉塞が2回おこり、1度は緊急手術となりま
した。

肝臓に転移がみつかり、そちらも手術する予定ですが、体力がとても
低下しており、体力が回復するまで自宅養生ということで、退院して
きました。

体力を補い、免疫力をあげてガンを少しでも小さくしたいのですが、
どうしたらよいでしょうか?


りえぴょんのアドバイス
まずはおっしゃるとおり、体力を回復させることがとても大切です。

ただ、腸閉塞の心配がある方は、少しの刺激でも、腸に癒着があると、
閉塞する可能性があるので、なるべく液状のものを選びます。

通常であれば、紫霊芝をお勧めしたいところですが、錠剤を何錠も飲
むことは、多少心配がありますので、高麗紅参のコンクと、タンポポ
茶をお勧めいたします。

高麗紅参は、食欲を回復させ、血液を作り、体力、気力、免疫力を充
実させてゆきます。

また、タンポポ茶は、ガン体質の解毒を目標として用います。

お腹のハリがあったり、不安定なときは、鼓脹をとり、気を巡らせて
閉塞を予防する唐橘を併用します。
ジャスミン茶、ゆず、グレープウルーツなどもお勧めですね。

尚、腸閉塞がおちつくまで、肉類はいけません。
肉類は、腸に停滞しやすく、調子がよかったのに、油断して食べたら、
腸閉塞が起こり、救急車で緊急入院した方が多くあります。

回復するまでは、消化の良いお粥、豆腐、野菜を柔らかく煮付けたも
のなどがお勧めです。



                        りえぴょんより
アトピー
アトピーの治り方
12月28日
金曜日

アトピーの治り方

アトピー性皮膚炎は、症状の程度、煩った年数と受けてきた治療等に
より、個人差はありますが、かなり重症の場合でも、根気よく養生す
れば良くなります。

1,ストレスを軽減することや、丈夫な神経をもつこと、食事による
毒素をとりこみすぎないことは、これ以上ひどくしたり、リバウンド
を起こさないためのポイントになります。
要するに、まずは、体になるべく毒を入れないことが大切です。

2,この状態で、第一段階として解毒を図ることです。
今まで体内に溜まった、食毒、添加物、ステロイド等の毒素を体から
排泄してゆきます。

この時は、タンポポ茶等を解毒に用いながら、皮膚表面の炎症をさま
してゆく漢方薬を使ってゆきます。

3,ステロイドを用いてきた方は、いきなり止めてはいけません。
解毒を促進しながら、少しずつ頻度を減らしてゆきます。
解毒が促進されると、中には少し動いても汁が吹き出したり、パジャ
マなどが黄色い汁で汚れてくることもありますが、漢方薬で微調整し
ながら、この段階をのりきります。

4,さらに解毒が進むと、だんだんと汁は薄くなり、人によっては発
熱したり、リンパ節が腫れてくることもあります。免疫力が正常に働
きだした証です。

5,しだいに皮がめくれ、まるで脱皮のようにポロポロと皮が落ちて
きます。
この段階は最高に痒い時期ですので、漢方で調整しながら、自然に皮
がめくれるのを待ちます。
ここで掻きむしって、汁が出てくると、また繰り返しになるので、我
慢時とも言えます。


6,皮がむけると、白くてツルツルのお肌が見えてきます。
ここまでくれば8合目・・・この状態を保てるように調整してゆきま
す。

大まかにこんな順序で良くなるのですが、ストレスや食毒の状況によ
り、行ったり来たりして改善に向かいます。
程度の差がありますので、一概には言えませんが、半年〜数年の養生
が必要です。

ステロイドで一生調節するのではなく、養生により、根本から脱却し
たい方は、ご相談ください。



                        りえぴょんより
ガン
卵巣癌と抗ガン剤
12月26日
水曜日
曇り

卵巣癌と抗ガン剤

ガンには、抗ガン剤がかなり効果のあるものと、そうでないものとが
あります。

悪性リンパ腫や、卵巣癌のように、抗ガン剤の効果が浸透しやすいも
のでは、ガンを徹底的にやっつける目的で、最強の抗ガン剤の多剤併
用療法が行われています。

その分、当然、副作用もきつく、体力的にもとてもしんどい療法なの
で、必ず補剤を用いて、体を補ってゆく必要があります。

卵巣癌に、抗ガン剤を用いるときには、いくつかのポイントがありま
す。

@アルキル化剤は卵巣毒性が強く、卵細胞を直接破壊するので、性
  機能温存を必要とする場合は、最小限にとどめる

A腫瘍の性格と進行期を正確に把握して、必要最小限でとどめる。

B治療後の卵巣機能チェックは毎年受ける。

C35歳以上では、卵巣機能の低下がより起こりやすい。

      ・・・がん化学療法の有害反応対策ハンドブックより

何故、このようなことをお話するかというと、保健室で若年性更年期
様症状や、不妊症の相談に来られる方の中に、以前に卵巣癌の化学療
法を受けたことがある方がとても多いためです。

中には、抗ガン剤のそのような副作用を全く説明されずに、長期間の
抗ガン剤を受けた方もあり、ガンは消えたが、毎日の生活がとても辛
い・・・というような不具合を生じている方があります。
これはご本人にとってはとても辛いものです。

しかしこの様な場合も、決して不可逆的ではありません。
漢方で、腎を補い、陰陽のバランスを整えてゆけば、症状は緩和され
ますし、無事に妊娠された方もあります。

このような抗ガン剤治療を受ける場合は、体力、免疫力、腎の力を落
とさない対策が必要ですし、その後のケアも大切です。



                        りえぴょんより
養生
狭心症には通す漢方が必要
12月17日
月曜日
曇り

狭心症には通す漢方が必要

もともと狭心症の気があるとのことで、ヘンシコウとシホヨモギを続
けておられた方のお話です。

ヘンシコウは、田七人参が主剤となったもので、細かい血管の目詰ま
りを改善してゆくもの。
シホヨモギは、海水をそのまま吸い上げた、薬草で、海のミネラルバ
ランスそのものなので、血管の伸び縮みを調整し、自律神経のバラン
スもとってゆきます。

こつこつと飲んでいただいたところ、1ヶ月ほどで、とても体調がよ
くなり、発作が起こらなくなり、その後も愛用しておられました。

ところが、すっかりと調子がよくなり、3年ほどご無沙汰で、久しぶ
りにお越しになりました。

「お元気でしたか?」とお聞きしたところ、健康食品屋さんから、何
年分も高価なサプリメントを勧められたとのことで、それを飲んでお
られたようです。

ところが、頻繁に発作が起こるようになり、さらに量を増やすように
言われ、飲んでいるが、ますます調子が悪い!と言われるのです。
「健康食品屋さんは、薬剤師さんではないから、あなたに聞こうと思
って・・・」と、お越しになりました。

飲んでおられるのを見ると、馬の心臓エキスを主体にしたものでした。
心臓にパワーを与え、収縮力をよくするものなので、確かに最初は元
気が出たかもしれませんが、狭心症であれば、これだけでは具合はよ
くなりません。

血管が攣縮して、血の流れが塞がれて発作が起きるので、この様な場
合は、心臓にパワーを与えることよりも、血管の目詰まりをとって流
れを通しやすくしてゆくことが優先です。

詰まっているところに、量を増やしてさらに圧力をかければ、悪化す
ることさえ考えられます。

この方には、今はそちらを止めて、トウサンカという薬膳食品をお勧
めしました。

こちらには、トウサン細辛、紅景天、お種人参、田七人参、水蛭、天
竹黄、玉竹、真珠、蛇胆、サフラン等が含まれ、より通絡効果が高い
ものです。

それにしても、いくら食品といえども、何年分も売るなんて、考えら
れないことです。

体質も症状も必ず変化がありますので、せめて半月に一度はお顔をみ
て食べるものも変えていかないと、新たな病気を作りかねません。

世間の方は、まじめにアドバイスしている薬剤師をそっちのけに、勢
いで商売する健康食品屋さんに、なびいていってしまうのですね・・
・・。

薬剤師は医療者であって、商人ではないので、インパクトが弱いのか
もね・・・。



                        りえぴょんより
喜びの声シリーズ
リンパ腫瘍が消えました!
12月14日
金曜日

喜びの声シリーズ リンパ腫瘍が消えました!

10年前に橋本病にかかり、甲状腺腫瘍を摘出した方ですが、5年前に悪
性リンパ腫になられました。
6センチ大のリンパ腫が2個と8センチ大が1個あったのですが、リツキ
サン4クール、抗ガン剤(CHOP療法)6クールを行い、同時に紫
霊芝、プラセンタ等の補剤を用いて、すっかりリンパ腫は消えました。

その後の体調もとてもよく、この5月で4年半を迎えられます。

ガンにかかったら、5年間は再発要注意といいますが、体調がよいと、
ついつい毎日養生できないこともあります。
そのせいかどうかはわかりませんが、5月に、横隔膜に1センチのリ
ンパ節の腫瘍が見つかりました。
”再発したら、抗ガン剤は前のように効いてくれない”ということを
主治医から聞いておられたし、もう二度と抗ガン剤による治療はやり
たくない!
と思っておられたので、食事、温灸、漢方などの養生を開始されまし
た。

こちらでは、紫霊芝6粒、霊芝胞子6粒、プラセンタ1カプセルに、
血管新生抑制を期待して、ASCP(サメ軟骨エキス)を一日10粒
飲んでいただきました。

7ヶ月後の12月初旬の検査では、腫瘍が完全に消えており、検査数
値などにも何の異常もなく、喜びの笑顔で保健室にお越しくださいま
した。

”これで家族そろって、明るい気持ちでお正月を迎えることができ、
とても嬉しいです。本当にありがとうございました”
と言われましたが、まさしく養生の賜です。
養生は根気と努力がいることですが、必ず体は正直にこたえてくれま
す。

明るい笑顔とパワーをいただき、私もとても幸せを感じました。



                        りえぴょんより
助産師さんのお話
腹帯の大切さ
12月10日
月曜日
曇り

腹帯の大切さ

先日、ある助産師さんとお話する機会がありました。
最近の若い女性は、足元や首筋を冷やしすぎていて、とても心配にな
るね・・・というような会話から始まり、不妊症や難産の女性が増え
ているお話になりました。

私が”骨盤の形と安産には相関性がありますか?”
とお尋ねしたところ、”勿論あります!あなたは安産型よ!”と・・
・(苦笑)
ところが私は48時間も苦しんだ難産だったので、そのいきさつをお話
してみました。

実は、8ヶ月の時に、ひどい咳風邪をひき、お薬も飲めないし、毎日咳
き込んでいるうちに、どんどんと赤ちゃんが落ちてきて、腎臓を圧迫
し、ひどい中毒症が出たのです。
そこで、右手から陣痛促進剤を点滴し、左手からは降圧剤を点滴しな
がらの大変な出産となりました。

産後は急性のリウマチで丸1年寝込みました。そして骨盤が拡がってい
たため、子宮脱がおこり、お産にまつわるあまりの苦しみに、二人目
は断念しました。

すると助産師さんは”あなたはさらしの腹帯をしていなかったでしょ
?!”
と言われ、確かに私は、面倒なのでさらしは巻かずに、いま流行りの
簡易式のソフト腹帯をしていました。

助産師さんによると、さらしの腹帯を正しい巻き方で巻くと、お腹と
腰回りをしっかり固定し、早産を防ぐばかりでなく、中毒症の予防、
さらには出産によるリウマチ等の免疫性疾患、産後の様々なトラブル
から、更年期症状まで予防することができる!とのこと。

私はこれにはとても説得力を感じました。
さらしとは、つまり奇経八脈の帯脈です。
子宮脱や帯下、上熱下寒(上がのぼせて、下が冷える)の女性特有の
症状は、帯脈の緩みが関係しています。

中毒症にしても、帯脈が緩み、赤子の頭が母親の腎を圧迫したのが原
因ですし、腎に極度のストレスがかかったことで、免疫性の疾患であ
るリウマチが発症したのだと考えられます。

そして助産師さんは、”もしもあなたがさらしの腹帯をきちんと締め
ていたら、何のトラブルもなく2人でも3人でも出産できたわよ。”と
おっしゃいました。
そして、これから出産される方にアドバイスできるよう、正しい腹帯
の巻き方を教えてくださいました。

私はここから大きなヒントを得て、産後の子宮脱等のトラブルに悩む
方、リウマチ疾患、更年期症状やパニック症の方に、さらしによる帯
脈調整法を提案してゆく考えでおります。



                        りえぴょんより
お客様からのご質問
プロポリスと田七人参について教えてください
12月5日
水曜日
曇り

プロポリスと田七人参について教えてください。

ご質問
私の母は10年前にリンパ腫になり抗がん剤
(何クールだったか記憶が無いのですが、途中から通常の7倍の抗が
ん剤を使用したのは覚えています)+プロポリスで7ヶ月の入院生活
を送り緩解。幹細胞移植まで済ませ、現在までプロポリスを飲み今に
至ります。

最近、手足の関節の痛みから再発の疑いがかかり、今までも今度何か
あった場合プロポリスだけではどうにもならない・・と言う思いは前
からあったのですが、今回の件で、もしかしたら他のものも試してみ
ても良いかもしれない。と強く思うようになりました。

そんな時、ある方から関節の痛みにも良いし、ガンにも良いと田七人
参を勧められたのですが、これは直接免疫を上げる作用のあるもので
はない〜と聞かされ、だったら免疫を上げるといわれているキノコ系
の方がいいのだろうか?とか、いろいろ迷いがあって今だ購入には至
っていません。

・キノコ系と田七はどんな違いでどう体に効果があるのでしょうか?

・そして田七とプロポリスは似たような作用のものでしょうか?
・薬局ではプロポリスは売られていませんが、それはどうしてなんで
すか?
効果が確かでない・・と言うことなんでしょうか?

アドバイス
はじめまして
お便り拝見いたしましたが、手足の関節の痛みだけで、再発とはかぎ
りません。
ただ、かなりの抗ガン剤をやってこられたようですので、抗ガン剤の
毒を解毒してゆくことは大切かと思われます。

田七人参の主な働きは、細かい血管のおけつ(汚れ、古血のようなも
の)や目詰まりをとってゆくことです。

「通じざれば、即ち痛む」で、血液の通りが悪いと痛みは生じますの
で、当然痛みの改善にもなりますし、血液がうまく流れるということ
は、血液中のリンパ球等の免疫パトロールもうまく働き、ガンがある
ところへも、免疫細胞がとどいてやっつけやすくなりますので、確か
にガンにも良いといえます。

プロポリスは、免疫細胞を活性化させる働きなどがありますが、作用
機序は田七とは全くことなります。

ガンは、プロポリスを飲めばよいとか、キノコ系を飲んでいれば大丈
夫!というような簡単なものではありません。

お一人づつ、体質も状態も違いますので、それに適したものを場合に
よっては幾つか組み合わせる必要がありますし、状態に応じて、常に
微調整が必要です。

こちらでは、患者さんの状態に応じて、状態を弁証し、適切な漢方薬
食事等をアドバイスしていますので、ご縁があれば、一度直接お越し
下さいね。



                        りえぴょんより
養生
バセドウ病の養生法
12月3日
月曜日
雨のち曇り

バセドウ病の養生法

バセドウ病は、中医学的に考えますと、肝欝といって、肝胆の経絡が
欝滞して、熱を持ちやすく、それによる炎症と考えられます。
ストレスが多い方や、神経が細やかな方は要注意です。

ストレスは、通常は肝で疏泄されるのですが、処理できないほどの量
であると、欝滞を起こしたり、熱をもって、熱いものは上へ昇る性質
があり、目を焼いたり(目の炎症)髪を焼いたり(抜け毛)します。

通常、肝の穴は目といわれるので、最も目に症状が現れやすくなりま
す。

バセドウ病による、甲状腺ホルモン量、頻脈などは西洋医学的なお薬
で改善できますが、この病気を起こしている根本は、肝腎であること
が多いです。

又、バセドウ病による甲状腺の腫れ、眼球の突出は、熱痰により、正
常な水液の代謝が滞ったものと考えられます。

これらの事から食養生として、
肝腎を補う「沙苑子(シャエンシ)」半月分7980円と、熱痰を取
り除くものとして「穿山薯蕷(センザンショヨ)」半月分7140円
を用います。これらは、生薬ですが食品扱いで、安全なものです。

「沙苑子(シャエンシ)」は、商品名ですが、目の働きを改善する、
沙苑子、枸杞子、菊花、車前子と、肝腎を補い、目を助ける海馬
黄精、山茱萸、山薬、真珠、お血をとり、経絡を通す、全蝎、蛇胆、
トウサンカなどが含まれる、中医学的方剤になっています。

「穿山薯蕷(センザンショヨ)」はヤマイモ科の植物で、漢方では活
血化痰の名薬です。

甲状腺機能亢進、甲状腺瘤、眼球突出、痰による不眠、めまい、咳な
どに使われます。

尚、食事は、あわび、牡蠣、あさり、しじみなどの貝類、枸杞の実な
どを食べられると目に良いですし、肝腎を補うものとして、黒胡麻、
黒豆、黒木耳、山芋、なまこなどはとてもよいです。

目の突出を抑えるには、里芋がよいです。里芋は、外用としては、腹
水などもとりますが、目の周りはかぶれやすいので、外用はお勧めで
きません。

バセドウ病で抜け毛が気になる時のアロマお手当て♪
1.皮脂過剰分泌があれば、シダーウッド、パルマローザ、ティート
  リーのオイルを各1滴づつ1回分のシャンプーに混ぜて洗髪する

2.地肌が乾燥していれば、ゼラニウムエジプト、マンダリン、ジン
  ジャーを各1滴、同様に使用

これらのオイルを保湿ジェルにブレンドして、頭皮用の美容液を作る
ことも可能です。(3ヶ月分 6300円)

漢方薬に関しては、正確な弁証が必要となりますので、直接ご相談く
ださい。



                        りえぴょんより