一覧に戻る

乳がん発病を防ぐ智恵 その11

乳がん治療と血栓症

乳がんの治療中に、特に気をつけて頂きたい事の1つに血栓症があります。
がん治療中に発症する脳卒中の約25%はトルソー症候群という病気の可能性があると言われています。

トルソー症候群はフランスの医師トルソーが発見した病気で、がん細胞が分泌するムチン、サイトカイン、組織因子、血液凝固因子の亢進が心房内に血栓を生じさせ、それが血流に乗って脳塞栓を起こすというものです。

簡単に言うと、がん細胞は血液ドロドロの状態が大好きで、血液を固まらせる血小板を隠れミノにして、リンパ球の見張りを逃れて転移を果たして行くと言われています。
血液ドロドロとは、血オ(血の流れが悪い)状態の事で、がんは中医学的にはオ血といわれているので、がんに罹った方は殆どの方が血オ状態と考えられます。

そして又、特に乳がんや卵巣がんなどのホルモンが関与するがんに、トルソー症候群は多い事がわかっています。これは、ピルの重大な副作用に血栓症がある事と、ピル服用中の方に、舌が青紫、歯茎が紫色、舌裏の舌下大静脈が怒張している、痔主が多い事からも頷けます。(すべてオ血の症状)

さらに、抗がん剤、放射線といった治療は、体内にフリーラジカルを産生させ、炎症を起こしやすく、オ血を作りやすい環境を増長してしまいます。
当店にご相談に来られた乳がんの方の中にも、治療中に脳梗塞を起こされた方がみえました。

こういった事故を防ぐ為には、治療中、そしてがんの養生中は血液サラサラ養生を心がける事が大切です。即ち、交感神経が緊張し続けるような怒り、不安、恐怖の感情を長続きさせない事、グルコーススパイクを防ぐ食事、炎症を起こす油を控える、手当てで冷えを取る、足をよく動かす、岩盤浴などで汗をかきすぎない、適切な水分補給、睡眠を十分にとる、解毒を促す、などです。

治療中は、タンポポ茶による解毒と紫霊芝などの田七人参が入った製剤で駆オ血力を高めておく事が予防になります。オ血を防ぐ事こそが、がんを作らない、再発転移させない養生の基本です。

一覧に戻る